節約モードは続く

景気が最悪から脱したと緩やかな回復とニュースで何度も聞くようになりました。しかし、消費税も上がったことから庶民は節約モードをまだまだ崩していないようです。私ももちろんかたくなに節約モードを堅持しています。当然収入が上がって余裕が出てきたと実感できれば節約モードも解除してもいいかと考えていますが、今のところ収入が劇的に向上する見込みはありません。それどころか今後の予定も不安要素ばかりなので節約モードはこれからもしばらく続きそうです。バンクイックで追加融資をする場合はhttp://www.bronxbalmers.com/をご覧下さい!

つい無駄使いをしてしまう

私自身が、ついつい無駄な買い物をしてしまうので、困っています。
お金がない、貯金もゼロだというのに、買い物依存症がなおりません。
しかも、納豆を100個とか、業務用モップだとか、どうでもよいものを買ってしまい散財しています。レイク 増額

生活費が足りないので、今月もキャッシングをしてしまいそうな予感です。
早く買い物依存から抜け出さないと、お金が出て行く一方どころか、借金が増えるばかり。今のうちに何とかしないと戸思っています。

会社の電気代が上がった。

今日も一段と寒い一日でした。今朝会社に出勤して暫くは暖房を我慢していた私ですが、さすがに

寒くて我慢出来なくなったので、いつもよりも早い時刻に暖房を入れました。

店のシャッターを開けてポストの中を見たら、電気代の通知が入っていました。見てみると先月よりも

約1000円ぐらい高くなっていました。

私はたいてい朝一番に出勤しているのですが、掃除など色々やらなければならないので、会社を開ける

一時間前には来ています。

ちょっと早目に暖房を、っていう毎日が積み重なって電気代が上がったのかも知れませんね。

期日を超えてしまいそうな時には

返済期日までに返済が難しい場合は、出来るだけ早く担当者に電話をして、返済が遅れることを伝えておきましょう。事前に連絡をしておけば、カードローン会社からの督促をストップすることができます。

事前に連絡をしても延滞した記録は残りますが、何も言わないで延滞するのよりもはるかに好印象になります。

カードローンの延滞中は、そのカードローンからお金を引き出すことは出来ません。ただし、その後にきちんと支払えば、また利用することができます。ほかの支払とのバランスをみて、できるだけ早く入金しましょう。

またどうしてもすぐ支払えない場合は、いつまでに入金できれば、利用再開できるか、確認しておいたほうが良いでしょう。その期日を1日でも越えてしまうと、3ヶ月ほど使えなくなるからです。カードローンで何とかつないでいる場合は、これがいちばん手痛いお仕置きではないでしょうか。

なお、カードローンが都市銀系でなく、消費者金融の場合は、事前に連絡すれば支払日の変更に応じて貰える場合があるぐらい対応が柔軟なところもありますが、初期遅延をすぎてしまうと、催促はもう少しプレッシャーが強くなりますので、その状態になってしまうと、「どれくらいまで返済を待ってくれますか?」といった質問がしづらくなってしまいます。

そうならないためにも、業者から連絡がくる前にこちらから連絡し、やはり1日でも早く入金してしまうことが一番にするべき対処法になります。

キャッシングと預金の金利

金利というものは、銀行預金の場合は高金利のほうが嬉しいものです。普通預金であろうと定期預金であろうと、出来るだけ高金利のものを利用したいものです。
その一方で、キャッシングの場合の金利は、出来るだけ低金利の商品を希望します。このように当たり前のことではありますが、同じ金利でも預金とキャッシングとでは利用者の希望は真逆となります。
しかし同じ高金利と言っても、キャッシングの高金利は確かに本当に高いと感じますが、預金の高金利は殆ど高いとは感じません。
まあ、金融機関も商売をやっているわけですから、それも仕方がないことなのでしょう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11